はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例482掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

blog

BLOG

ダイニングソファの発想でスッキリしたLDKを実現

2018.11.13

LDK空間といえば、リビングにソファーセット、ダイニングにはダイニングセットを置くと考える人が多いのではないでしょうか。

 

空間にゆとりがある場合は、この配置で良いと思うのですが、そうでない場合は逆に空間を圧迫してしまいます。

 

今回ご紹介する事例では、限られたマンションのLDKにダイニングソファーを採用することで、ゆとりある空間を作りました。

 

 

ダイニングソファーとは、食事もでき、ソファーとしてくつろぐこともできるLD兼用のセットのことです。

 

夫婦2人だと、ダイニングに椅子は2脚で十分です。そうするとあえてチェアではなく、ソファーで2人並んで座って食べることにすれば、テレビも見ることができます。

 

ただ、ソファで食事をするとゆったりしてしまうとお考えの方には、キッチンの前にカウンターを設けるというやり方もあります。こちらのお宅では朝食は、このカウンターで食事をするようです。

 

 

マンションなどは空間が限られているので、どういった家具を利用するかはとても大切なポイントです。ダイニングソファーは、家具の数を減らすことができるので、空間をすっきりさせることができます。

 

夫婦2人の場合には、ダイニングソファーという選択をするのもリフォームのアイデアの一つといえるでしょう。

 

こちらの事例は、ハートフルハウスがリフォームを担当しました。

 

――――――――――

広島でリフォーム会社をお探しの方!

あなたにピッタリのリフォーム会社をご紹介します!