HIROSHIMA REFORMとは?

リフォームに楽しさを。

リフォーム実例326掲載矢印

資料請求

お役立ちコラム

COLUMN

相見積もりは正しくしましょう!

 

最近は相見積りは3社程度から取るものといった考え方が一般的になりつつあります。
しかし、相見積りを取る理由を正しく理解していないと、思わぬ失敗につながってしまうかもしれません。

 

相見積りは、工事費用が適切かどうかを判断するもの。

あるリフォーム会社と打ち合わせを行い、見積りを提示してもらったとします。
しかし、リフォーム費用は定価が定まっていないため、この金額が適切かどうかは分かりません。そこで、別の会社でも見積りを取って判断する。これが本来の相見積もりです。工事内容等は全て同じ条件で金額を出してもらいます。

ところが、意味を理解しないまま、ただ3社程度に依頼するものと思われている方もいるようです。この場合、工事内容等が同じ条件であれば問題ありませんが、違う内容で依頼、もしくはリフォーム会社任せにすると厄介です。なぜなら工事内容や使用部材が異なるため、金額の比較ができないからです。

 

さらに、リフォーム会社を「価格が最も安いから」という理由だけで選ぶと後々トラブルになる場合があります。
会社によっては、契約を取るために、最低限の工事費のみの安い見積りを提示するケースがあります。そういった会社は、工事中に追加工事が必要になった場合は別途請求となることを見積り提出の際にしっかり説明せずに、まず先に契約を交わそうとします。
工事がスタートした後で「この工事は見積りに含まれていません」と追加工事費を請求し、予算を上げていきます。依頼する側も工事を中断されると困るので、しぶしぶ追加工事費を払うことになり、大幅に予算オーバーしてしまうこともあるようです。

価格は大切ですが、とらわれ過ぎると、満足のいくリフォームができない場合があります。価格ではなく、打合せの内容でリフォーム会社を決めましょう。

 

そこで下記の5つの項目を リフォーム会社を選ぶ基準にすることをおススメします。

 

1 担当者との相性は?

担当者と話しやすいかは重要なポイントです。リフォームをした後で「これも言っておけば良かった」とならないように、思っていることを言いやすい担当者が理想です。ただし、あなたの言ったことを、そのままプランに反映させるような担当者は要注意です。プロとしての提案力に欠けています。

 

2 見積書の説明を詳しくしてくれる?

リフォームの見積りは複雑で分かりにくいものです。そのため「工事一式」として提出する会社もありますが、ずさんな工事をされる可能性もあります。見積りを分かりやすく説明してくれる会社は、工事の品質も信頼できる会社と言えるでしょう。

 

3 デメリットを説明してくれますか?

見た目や肌ざわりの良さから、無垢材を床に使用したいという要望が増えています。しかし、無垢材は湿気などの変化で反りや縮みが発生することがあります。こういったデメリットもしっかりと伝えてくれる会社は信頼を置けると言えるでしょう。

 

4 管理体制は?

リフォーム工事契約後に、これまで打ち合わせをしていた営業担当者が全く顔を出さなくなるというケースがあります。これは、会社の方針で営業と工事担当を分けているからです。しかし、この事を知らないと、工事になって急に担当者が変わる事態に直面します。工事中に気になることがあった際もスムーズに伝えられるよう、事前に担当者変更の有無を確認しておきましょう。担当者が変わる場合は、工事前に紹介してもらうと安心です。もちろん、工事契約後も営業がそのまま担当する会社もあります。

 

5 アフター体制は?

リフォームは、工事が終わってからも不具合が発生する場合があります。だからこそ、アフターメンテナンスの体制をしっかり整えている会社かどうかは重要です。会社によって、その体制は異なりますので、定期点検の有無やアフターメンテナンスの体制は事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

 

Text/HIROSHIMA REFORM編集部