はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例512掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

相見積りの正しいやり方をご存知ですか?

これからリフォームをお考えの方は、「相見積りは3社程度から取った方がいいよ」といった情報を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

当社はリフォーム相談カウンターを運営しており、リフォームをお考えの方のご相談に応じているのですが、特に多いのが相見積りについてです。

「3社に見積りを依頼したのだけど、どの会社も言っていることが違うから、結局どうして良いか分からなくなってしまった」というご相談です。

3社に見積りを依頼して、プランと価格を比較して妥当と思われる会社に決めたいというお気持ちは良く分かります。しかし、相見積りをしたことで、どうして良いか分からず、時間はかかり、しかも満足いく結果にならなかったということも多々起きています。

そこで、今回は相見積りの正しいやり方についてご紹介を致します。

相見積りの本来の意味とは?

相見積りは、工事費用が適切かどうかを判断するもの。

あるリフォーム会社と打ち合わせを行い、見積りを提示してもらったとします。しかし、リフォーム費用は定価が定まっていないため、この金額が適切かどうかは分かりません。そこで、別の会社に同じ内容・条件で見積りを依頼する。これが相見積りです。

ところが、この本来の意味を理解しないまま、ただ3社程度に見積りを依頼するものと思われている方が多いようです。工事内容等が同じ条件で見積りを依頼できていれば問題はありませんが、意外に同じ条件・内容で見積りがリフォーム会社から提示されることは少ないようです。

相見積りが正しくできない理由とは?

リフォーム会社から同じ条件・内容で見積りが提示されないとは、どういうことでしょうか?

「3社に見積りを依頼して、同じ内容で伝えたつもりなのに・・・」と不思議に思うことでしょう。

例えば、キッチンが古くなったので、キッチンリフォームを依頼するケースで考えてみたいと思います。3社(A社・B社・C社)に見積りを依頼するとします。

——————————————————————————-

CASE1

あなた:キッチンが古くなったので、お手入れのしやすい最新のキッチンにリフォームをしようと思っているのですが・・・

A社:それは良いですよね。最新でお手入れのしやすいキッチンという点では、TOTOの除菌水の機能があるキッチンがお薦めですよ。除菌水とは排水口のヌメリやまな板などの除菌に効果があるもので、薬品や洗剤を使わず水から作られているものなんです。

 

【除菌水のイメージ】

A社:このほかにもシンクが緩やか傾斜になっていて、水を流すだけで野菜の切りくずなどが排水口に流れて行くので、とっても便利なんです。

あなた:あら、それはいいわね。興味あるわ。

【スクエアすべり台シンクのイメージ】

A社:当社は今キャンペーン中なので、お安くご提案をすることができますよ!

あなた:あら、そうなの。じゃあ、お見積りをお願いしようかしら。

——————————————————————————-


CASE2(2社目の対応)

あなた:キッチンが古くなったので、お手入れのしやすい「TOTO」のキッチンにリフォームをしようと思っているのだけど・・・

B社:「TOTO」のキッチンが良いのですか?お手入れのしやすいという点では、「トクラス」のキッチンがおすすめですよ。キッチンは毎日使っていくなかで、特に天板が汚れたり、あるいはフライパンや鍋の底が熱い状態で誤って置いてしまい、変色するようなことがあります。トクラスのキッチンは、そういった場合でも大丈夫なので、長く安心して使えますよ。

【トクラスの人造大理石はキズ・汚れに強い】

あなた:あら、そうなのね。確かにキッチンの天板ってよくキズが付いたりしていて、困ってたもんね。

B社:しかも、トクラスのレンジフードがお手入れしやすいんですよ。小型フィルターを取り外して、食洗機に入れるだけですからね。

【レンジフードのフィルターは超軽量】

あなた:へえ、そうなの。レンジフードは手入れが億劫だったので、これなら良いかもしれないわね。ちょっと見積りをお願いできるかしら・・・。

——————————————————————————-

CASE3(3社目への依頼)

あなた:キッチンが古くなったので、お手入れのしやすくて、キズなどにも強い最新のキッチンにリフォームをしようと思っているのですが・・・

C社:今回のリフォームは何社かに声をかけていますか?

あなた:ええ、2社に依頼をしているのだけど・・・

C社:その2社はどんなキッチンを提案していますか?

あなた:1社はTOTOで、もう1社はトクラスかな。

C社:なるほど。どちらも良いキッチンだとは思いますが、それよりも良いキッチンがありますよ・・・・

——————————————————————————-


お気づきだとは思いますが、C社はA社・B社とは違うキッチンを提案します。

3社から提案された見積りはキッチンの内容も価格もバラバラなので、単純に比較をすることができなくなりました。

では、どのように判断すれば良いのでしょうか?

明確な答えはありません。多くの方が「なんとなく担当者の印象が良さそうだから」といった曖昧な理由で決めています。あるいは決めることができず、リフォーム計画もストップしてしまう方もいるようです。

より良いリフォームをしようと思って相見積りをしたはずなのに・・・

なぜ会社によって見積り内容が違うのか?

相見積りを依頼されたリフォーム会社はそれぞれ違うキッチンで提案をしようとしていることがお分かりになったと思います。

それは、同じ条件・内容で提案をすると金額の安いところが有利になると理解しているからです。あえて同じ条件にならないようにしているのです。

相見積りを依頼されるリフォーム会社の立場を考えると、3社中2社は仕事になりません。当然仕事を取りたいと思うので、駆け引きを行うことになるのです。

また働き改革が求められている現代社会では、「仕事にならない仕事はしてはいけない」という風潮になっています。相見積りを依頼されても仕事にならなかったという状況をなくしていく必要がリフォーム会社側にもあります。

相見積りを成功させるには?

では、どうするのが良いのでしょうか?

一つは相見積りを依頼する前にリフォームの要望を明確にしておくことです。

やりたいことを箇条書きにして、優先順位を付けた要望シートを作ります。これをコピーして、相見積りを依頼する会社に同じものを渡すのです。

これだと同じ条件で見積りを依頼したことになります。後はリフォーム会社から提出されたプランと価格を比較して決めれば良いでしょう。

広島リフォーム編集部がまとめたリフォームチェックシートをご活用頂くと、要望の整理がしやすくなりますので、是非ご活用ください。

リフォームチェックシートはこちらから。

相見積り以外のやり方もある!?

相見積りは、プランや価格を比較したいというお客さまの思いから生まれるものだと思います。ただ、3社に相談をしてしまうと適切に比較をし難いという点はご理解頂けたと思います。

そこで、広島リフォーム編集部からおすすめしたいのが、1社から複数のプランを提案してもらうことです。

リフォームの費用はキッチンやお風呂といった水廻りなど設備や素材に関する費用と工事代で構成されます。費用が高いと思えば、設備のグレードを抑えたりすることで予算内に収める工夫が可能です。

たとえば、リフォーム会社を1社決めて、お客さまの要望通りのプランと予算内に収まるプランを作ってもらうように依頼してはどうでしょうか?

金額が違う理由なども明確になるので、比較がしやすくなると思います。

ただお客さまの立場としては、「どの会社に相談をして良いか分からないから、相見積りを依頼しているのだけど・・・」とお思いでしょう。

そこで、広島リフォーム編集部が運営するリフォーム相談カウンターをご利用されるのはいかがでしょうか?

これまで300件以上取材をしてきた経験を活かし、編集長がお客さまの要望をヒアリングした上で、最適な会社をご紹介します。多くの方が毎月ご利用されているサービスですので、お気軽にご相談をしてみて下さい。

リフォーム会社ではないので、リフォーム会社に聞きにくいことも何でも聞けると大変好評を頂いております。

相談料は無料となっています。せっかくのリフォームを楽しいものにして頂きたいと思って行っているサービスです。詳しくは下記ページよりご覧ください。

相談カウンターの申し込み相談カウンターの申し込み

人気のコラムはこちら