HIROSHIMA REFORMとは?

リフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」編集部が運営するこれからリフォームする方のためのサイト

広島のリフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」公式サイト
リフォーム実例335掲載矢印

資料請求

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

屋根は解体せずに補修するのが新しい

老朽化した屋根は雨漏りはもちろん、構造そのものを損ねるため、
決して見逃すことはできない部分です。

 

わかってはいても予算の問題や解体の手間を考えると先延ばしにしがち。

 

結局は不経済な工事になりかねません。そこで注目したいリフォームの工法、

「カバールーフ工法」。

 

これは文字通り屋根をカバーしながら新たな屋根を造る方法で、既存の屋根を撤去・

解体せずに補修することができます。

 

屋根を葺き替えるよりコストが抑えられ、廃材やホコリ・有害物質などの飛散も少なく、

環境に優しい工法と言えます。

 

一般的なカバールーフ用の素材は軽量で、建物への負荷が少ないこともメリット。

工務店の技量に左右されにくい簡単な施工とされ、工期も短く、屋根のリフォームを

考えたい時、検討の価値はありそうです。

img_01421

施工前の写真です。老朽化のため、屋根に色褪せや雨漏りの不安がありました。

0721hartful-00213

カバールーフ工法で既存の屋根に新しいものをかぶせています。
新しい屋根材には断熱材が入っており、日射による対策も出来ています。
その他、フッ素塗装が施されているため、耐久性も高く、長期に渡り、
美しい屋根が外観を飾っています。
 
 
Text/HIROSHIMA REFORM編集部