HIROSHIMA REFORMとは?

リフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」編集部が運営するこれからリフォームする方のためのサイト

広島のリフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」公式サイト
リフォーム実例335掲載矢印

資料請求

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

リフォームで最も大切な現場監督の仕事

リフォームを依頼する際に、「営業マンはいい提案をしてくれる人だといいなあ」とか「職人さんは感じが良い人だといいなあ」と気にする方は多いと思いますが、現場監督に注目する人はあまりいないのではないでしょうか?

 

実はリフォームでは、現場監督が工事の良し悪しを大きく左右するので、最も大切な仕事と言えます。しかし、その役割があまり知られていません。そこで今回は現場監督の仕事について、ご紹介します。

 

そもそも現場監督ってどんな人?

リフォームは、まずあなたがリフォーム会社に連絡をするところからスタートします。ほとんどの場合は、営業担当者が家にやってくるので、あなたはやりたい工事の内容を伝えます。その後、現場調査などがあり、プランと見積りが提出されます。内容に納得したら契約を交わし、リフォーム会社側で工事のスケジュールを調整していきます。

 

工事を始める前に、営業担当者はあなたの家を訪問し、工事の日程の連絡と合わせて現場監督を紹介します。ここで、ようやく現場監督の登場です。

 

リフォーム工事を進めるにあたって、必要な材料や職人さんを手配し、スケジュールや工事内容を監理する人が、現場監督です。また、お客様に対して、工事の進捗状況の説明や、気になる点の確認をするのも現場監督の役割です。

 

会社によっては、営業担当者が現場監督を兼ねる場合もあります。これは会社の規模や体制によって変わりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

現場監督で工事の品質が決まる!?

工事の内容によって、異なりますが、現場では様々な職人がそれぞれの工事を行います。

 

例えば、間取り変更を行う場合は、解体・大工・給排水・電気・設備機器・塗装・左官・内装・建具・家具・サッシといった職人がそれぞれ工事を行います。すごい数ですよね。

 

現場監督は工事の行程に添って職人を段取り良く手配していきます。解体作業が終わったら、大工の工事ができるように手配をするのですが、これがうまく行かないと工事が遅れることになります。工事内容を把握し、必要な職人を段取り良く手配していくことが現場監督には求められます。

 

もちろん、職人の手配だけでなく、リフォーム現場で正しく工事内容を職人に伝える能力も求められます。

 

例えば、手すりを設置する際に、お客様が左利きなので、「左手で持てる場所に手すりを設置するように」と依頼されていたのに、右側の位置に設置してしまった。

 

例えば、キッチンは、パネルのカラーがオレンジの予定だったのに、現場に搬入されたのは赤だった。それにも拘わらず、キッチンを設置してしまった。

 

例えば、壁のアクセントに、ガラスブロックを埋め込んでほしいと依頼されていたのに、埋め込まれていなかった。

 

これらのトラブルは、現場監督が職人に対して、工事の説明や確認をしっかりしていない場合に発生します。営業担当者の対応やプランがどんなに良くても、現場監督が機能していなければ、リフォーム工事が不満足なものになります。

 

新築とリフォームの現場監督は大きく違う!?

また、知っておきたいのは、新築工事の現場監督が、リフォームの現場監督をするのは難しいという点です。工事のスケジュールを把握し、職人を手配し、現場で職人に工事内容を伝えるという点はどちらも同じです。しかし、大きく異なるのは、リフォームはお客様が住みながらの工事がほとんどだということです。

 

新築では、お客様が住んでいないので、現場監督が配慮するのは職人のみです。しかし、リフォームではお客様にも配慮できる能力が求められるのです。これは実は、かなり高い能力と言えます。

 

新築の現場監督には、この点の経験がありません。

 

また、もう一つ大きな違いとしては、新築は整備された土地に基礎工事を行い、建物を作っていきますので、常に整備された土地からの作業となります。

 

一方、リフォームでは、築年数・建物の構造・立地条件の他、住んでいる方の使い方によって、家の状態が様々です。例えば、築年数が10年の建物と30年の建物は全然違いますよね?さらに、建物の構造形式が、木造軸組、ツーバイフォー、あるいは軽量鉄骨など、常に現場の状況が変わります。そのため、リフォームの現場監督は様々な建築知識と経験が求められます。新築は、その会社が行う工法に関しての知識が最低限あればできるので、リフォームと新築の現場監督には大きな違いがあることが分かると思います。

 

現場監督がしっかりしている会社に依頼を!

依頼するリフォーム会社を決める際には、現場監督を一つの目安にするのも良いと思います。HIROSHIMA REFORM編集部でご紹介している会社は、現場監督についても信頼できる会社をご紹介しておりますので、ご参考にして下さい。

 

HIROSHIMA REFORM編集部おススメの会社