はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例510掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

まだ20年は快適に過ごしたい方へ、スケルトンリフォーム!

リフォーム事例の取材を行っていると、「今回はスケルトンリフォームですよ」とリフォーム会社の担当者からお話しを伺うことが多くなってきました。編集部の打ち合わせでも「スケルトンの事例になると、すごい変わりようだね」とスケルトンという言葉を当たり前のように使うようになっています。

そんな中、編集部スタッフから、「スケルトンという言葉は、一般の方にも知られているんですか?」と指摘を受けました。

全面リフォームの時に、スケルトンリフォームは行われていますが、リフォームをする多くの人は、聞くことはない言葉かも知れませんね。そこで、今回は「スケルトンリフォーム」について、ご紹介したいと思います。

スケルトンリフォームとは?

骨組み以外をまるごと替えるフルリフォームのことです。スケルトンとは「骨組み」を指す言葉で、柱や梁といった構造躯体のことを指します。写真のような状態がスケルトンですね。

あまり聞きなれない言葉で、スケルトン・インフィル住宅というものがあります。この言葉は「スケルトン」は構造躯体で、「インフィル」とは住宅内の内装や設備のことを指し、構造はそのままで、住宅内の内装はライフスタイルの変化に合わせて、何度でも入れ替えられる住宅の考え方のことです。

「スケルトン」と「インフィル」を分けて考えるこの発想から、「スケルトンリフォーム」という言葉が来ているものと思われます。

スケルトンリフォームをする場合はどんな時?

スケルトンリフォームでは、骨組みのみを残して内装や設備のほか、間取りを自由に変える時に行われます。マンションでは、給排水の位置が通常のリフォームでは変えられないなど、構造上の制約がある場合にスケルトンリフォームを行います。

また、戸建住宅では、柱や梁といった構造躯体を新しくする、あるいは補強する場合や、床・壁・天井に断熱材を入れる場合などを行う時にスケルトン状態にしてリフォームを行います。

スケルトンリフォームの事例(マンション)

まずはマンションでの事例をご紹介します。

和室と居間の間に襖で仕切られていた空間でした。

スケルトンリフォームで、床・壁・天井が解体され、何もない状態になりました。

キッチンの位置を移動するために配管の移設と同時に、給水・給湯・排水管を全て新しく取替えています。

以前は部屋ごとに段差があったのを、フリーフロアを採用することでバリアフリーに。また、床との設置面には黒いゴムがついており、下の階へ音が伝わりにくい遮音設計にもなっています。

このようにフリーフロアを張り、床のフローリングを仕上げていきます。このほか、電気・照明の配線なども自由に設計できるのがスケルトンリフォームの特徴となります。

リフォーム後。広々とした空間へと様変わりしました。

スケルトンリフォームの事例(古民家)

続いて、古民家のスケルトンリフォーム事例です。

古民家は寒さや地震対策が出来ていないので、スケルトンリフォームを行うケースが多くなります。

昔の家は和室の続き間が多く、鴨居(襖の上についている溝のついた横木)も背が低いので圧迫感があります。リフォームをする際にはゆとりを持った空間を作りたいところです。

スケルトン状態の様子です。柱(垂直方向にかかる構造材)や梁(水平方向・横方向にかかる構造材)が新しいものに替えられたり、新たな筋交い(バッテンの箇所)を設置し、構造補強を行っています。

天井には発砲ウレタンの断熱材(泡を吹き付けるように施工)を使うことで、きっちりと断熱に対応しているので、寒さの対策も充分です。

リフォームで広々とした快適で、断熱・耐震対策も行った空間に変身しました。

スケルトンリフォームは設計・施工力がある会社でないと対応できません。是非、広島リフォーム編集部がおすすめする会社に相談をしてみて下さい!

 

相談カウンターの申し込み相談カウンターの申し込み

人気のコラムはこちら