任せて安心なリフォーム会社をご紹介

任せて安心なリフォーム会社をご紹介

会社探しをする前に読むコラム

COLUMN

どう使う?併用できる?「こどもみらい住宅支援事業」~リフォームは全世帯対象・最大30万円の補助金~

投稿: 2022.4.11

編集長ミッツ
編集長ミッツ
キャサリン。
「こどもみらい住宅支援事業」という新しい補助金制度が始まったのは、知っているかい?
令和3年11月に始まった制度ですよね?
「こども」って書いてあるから、子育て世帯が対象なのでしょうか?
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
いやいや、名称から誤解されがちだけど、リフォームの場合はすべての世帯が対象となるんだ。
リフォームでは原則最大30万円の補助が受けられる、今注目の補助金制度だよ!
リフォームは全世帯が対象なんですね!
ぜひ、詳しく教えてください。
キャサリン
キャサリン

令和3年11月に「こどもみらい住宅支援事業」という、国の新しい補助金制度が始まりました。
リフォームの場合は、世帯の条件や工事内容によって変わりますが、最大30万~60万円の補助を受けることができるので、ぜひ活用したい補助金制度です。

そこで、
「どんなふうに使えばいいの?」
「対象となる工事は?」
「他の補助金と併用できる?」
など、気になるポイントを押さえながら分かりやすく解説していきます。

 

1.こどもみらい住宅支援事業とは?

この事業は、若者・子育て世帯中心に、各世帯の住宅取得の費用負担を軽減し、省エネに特化する住宅の普及を目指すため、国土交通省が令和3年11月に新設した補助金制度です。
一定以上の省エネ性能を有する住宅の新築や購入、リフォームする世帯を対象に補助金が交付されます。

リフォームの場合は、子育て世帯に限らず、すべての世帯が補助対象となりますが、補助金を申請するには、下記の条件を満たしていることが必要です。※新築は、子育て世帯・若者夫婦世帯(※2)に限られます

・住宅の所有者が発注者であること
・令和3年11月26日から令和4年10月31日までに工事請負契約を締結し、一定の要件を満たすリフォーム を完了していること
・契約する事業者が、こどもみらい住宅事業者として登録していること

同事業に事業者登録をしているリフォーム会社との工事請負契約のみが対象となるため、リフォームを依頼する際は、当事業の登録事業者かどうかを事前に確認しておきましょう。
※発注者がその家に居住しない場合や、DIYでリフォームした場合などは対象外になるので、注意が必要です。

今年の10月末まで!?
この期間を逃さないように、注意しないといけないですね。
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
今年リフォームを考えている人は早めの計画がおすすめですよ!

 

2.補助金はどのくらいもらえるの?

原則、1 戸あたり 30 万円が上限ですが、世帯の種類や工事内容によっては上限が引き上げられます。
リフォーム工事を行った部位や種類ごとに補助金額が決められており、加算される方式になっています。(詳しくは次章で紹介します)
補助金金額の合計が5万円以上にならなければ、補助金申請はできません。

世帯の属性既存住宅購入の有無一戸当たりの上限補助額
子育て世代(※1)
又は
若者夫婦世帯(※2)
既存住宅を購入しリフォームを行う場合60万円 / 戸
上記以外のリフォームを行う場合45万円 / 戸
その他の
すべての世帯
安心R住宅(※3)を購入しリフォームを行う場合45万円 / 戸
上記以外のリフォームを行う場合30万円 / 戸

※1 子育て世帯とは、申請時点において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯
※2 若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、いずれかが 1981年4月2日以降に生まれた世帯
※3 安心R住宅とは、新耐震基準や既存住宅売買瑕疵保険の基準など、安心に関する一定の要件を満たす旨の標章(マーク)を使用することのできる住宅を指します

子育て世帯や若者夫婦世帯だったり、中古物件を購入しリフォームするような場合は、補助金額の上限がアップするんですね。
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
補助金額の合計が5万円以上にならないと補助対象にならない、という点も覚えておこう。

 

3.対象となるリフォーム工事とその補助金額は?

リフォーム工事に関する補助金を受けるためには、まず以下の3つの必須工事のいずれかがリフォーム工事に含まれていることが条件です。

<必須工事>
【1】開口部(窓や玄関など)の断熱改修

【対象となる工事と補助金額の一例】
・複層ガラスへの交換・・・2,000円~8,000円/枚
・内窓の設置・・・14,000円~21,000円/箇所
・高断熱ドアへの交換・・・28,000円~32,000円/箇所 など

※求められる断熱性能の基準は地域によっても異なるので、詳しくはリフォーム会社に相談してみましょう。

【2】外壁・屋根・天井・床の断熱改修

外壁・屋根・天井、または床(基礎断熱)などに、定められた最低使用量以上の断熱材を施工するリフォーム工事が対象になります。
補助金額は18,000円~102,000円/戸。

【3】エコ住宅設備の配置

【対象となる工事と補助金額の一例】
・高断熱浴槽(写真)の設置・・・24,000円/戸
・節水型トイレの設置・・・17,000円~19,000円/台
・エコキュートやエコジョーズなどの高効率給湯器の設置・・・24,000円/戸
・太陽熱利用システムの設置・・・24,000円/戸 など

上記の【1】~【3】の必須工事のいずれかを含んだ上で、下記の【4】~【8】の任意工事を組み合わせて、各世帯に応じた上限金額までの補助金が申請できます。
※申請する補助金額の合計が5万円未満の場合は、補助の対象にはならないため注意が必要です。

 

<任意工事>
【4】子育て対応改修

【対象となる工事と補助金額の一例】
・ビルトイン食器洗機の設置・・・19,000円/戸
・掃除しやすいレンジフードの設置・交換・・・10,000円/戸
・キッチンセットの交換を伴う対面キッチンへの改修・・・86,000円/戸
・浴室乾燥機の設置・・・20,000円/戸
・防犯性の向上に役立つ窓やドアへの交換・・・17,000円~43,000円/箇所 など

【5】耐震改修

旧耐震基準で建築された住宅(※4)を、現行の耐震基準に適合させるリフォーム工事が対象。
補助金額は、150,000円/戸です。

※4 1981年(昭和56年)5月31日以前に着工された住宅で、現行の耐震基準に適合していない住宅を指します

【6】バリアフリー改修

【対象となる工事と補助金額の一例】
・手すりの設置・・・5,000円/戸
・段差の解消・・・6,000円/戸
・ホームエレベータの設置・・・150,000円/戸
・車いす移動のための廊下や出入口の幅などの拡張・・・28,000円/戸
・衝撃を緩和する畳の設置・・・17,000円/戸 など

【7】空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

この事業に登録された、空気清浄機能を有するエアコン、または換気機構を有するエアコンを使用した工事が対象になります。
補助金額は19,000円~24,000円/台

【8】リフォーム瑕疵(かし)保険などへの加入

補助対象となる期間内に契約・実施した工事について、国土交通省が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険および大規模修繕工事瑕疵保険への加入が対象となります。

補助金額は7,000円/契約

省エネ設備や子育てに便利な機能などが、補助金を使って導入しやすくなるのは嬉しいですね!
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
そうだね。
補助金を賢く使うことで、自己負担を軽くしながら、より良いリフォームをかなえよう!

 

4.他の補助金と併用できる?

原則として、住宅のリフォーム工事を対象とする、国の他の補助金制度との併用はできません。
下記の制度との併用は可能です。

【併用できる制度の一例】
・住宅ローン減税等の税制優遇
・被災者生活再建支援制度

リフォームに関する補助金については、こちらでまとめて読むことができます。

どの制度を利用するのが一番お得になるか、リフォーム会社と相談して補助金制度を上手に活用してください。

5.申請のタイミングは?

補助金の交付申請は、工事を発注した施主本人ではなく、工事を施工するリフォーム会社(あらかじめ同事業に登録している事業者)が行うことになります。
交付申請は、遅くとも令和4年10月31日までに行う必要がありますが、工事完了後に初めて申請が可能となる点に注意が必要です。

こどもみらい住宅支援事業についてもう少し詳しく知りたい場合は、この事業に事業者登録をしているリフォーム会社工事を依頼する業者へ相談しましょう。
登録事業者の確認はこちらからどうぞ。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/search-for-manufacturer/

また、詳しくは「こどもみらい住宅支援事業」公式HPでご確認ください。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

早速、登録事業者を探して、補助金を利用したリフォームの相談をしてみます♪
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
ギリギリのタイミングでリフォーム会社に依頼しても、すぐに工事してもらえない場合もあるため、早めに相談することをおすすめするよ!

このコラムを書いた人

平原 充明 イメージ 平原 充明 イメージ

平原 充明ひらばら みつあき

「HIROSHIMA REFORM」編集長 / 広島リフォーム相談カウンター 相談員

多くの人にとって、リフォームは一生に一度のこと。決して安くはない大きな買い物です。価格も大事。見栄えも大事。ですが、やっぱり「暮らしやすさ」が一番大事です。

これからの 20年、30年間を見据えた、あなたの暮らしの寄り添うリフォーム。それを一緒に考えてくれる、信頼できる会社を皆さんには選んで頂きたい。そのための情報をこのサイトから発信しています。

所有資格…インテリアコーディネーター・住空間収納プランナー

リフォーム会社一覧へ 広島リフォーム相談カウンター

タグ一覧

一覧にもどる