“広島で最高”のリフォーム会社がみつかるサイト

“広島で最高”のリフォーム会社がみつかるサイト

リフォーム成功
ノウハウ

COLUMN

【リフォームQ&A⑥】ショールーム活用編|事前準備

2020.7.18 (更新: 2021.7.23)

ショールームって実際に住宅設備を見たり、触ったりできるんですよね?
キャサリン
キャサリン
編集長ミッツ
編集長ミッツ
そうだよ。カタログだけで決めてしまうと“思っていたのと違う”ということになり、リフォームの失敗につながりやすい。だからショールームには必ず行ってほしい。

Q1.設備機器って何ですか?

A.キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面化粧台などのことです。

住宅設備機器のことで、住設や設備と略されることもあります。他にも給湯器や太陽光発電、換気システムなども住宅設備機器に含まれます。

 

Q2.ショールームには何があるのですか?

A.住宅の設備機器が展示されています。

ショールームにはそのメーカーの設備機器がたくさん展示されています。メーカーによって作りや性能に違いがあるので、リフォーム前に気になるメーカーのショールームを訪れれば、どんな製品が良いかの判断材料になるでしょう。また、リフォーム会社が設備機器のショールームを持っている場合もあります。メーカーほど製品数はありませんが、色んなメーカーを比べられるという利点もあります。

 

Q3.住宅設備機器のメーカーって?

A.TOTOやパナソニック、LIXILなどのことです。

TOTOやパナソニックを知っていても、それが住宅設備機器メーカーだとは結び付かないかもしれません。他にもリンナイ、クリナップ、パロマ、タカラスタンダード、YKK AP、ノーリツ、トクラス、積水化学工業、三和シャッター、不二サッシなど多数のメーカーがあります。

 

Q4.リフォーム前に行った方が良いですか?

A.絶対に行くべきだと思います!

カタログだけで設備機器を選んでしまうと、実際のイメージと違うことが多くあります。カタログで気に入ったキッチンならショールームに見に行き、実際に触って、使い勝手などを確認しましょう。お風呂は入って実際の広さを確認できます。ただ、多くのショールームを訪れるのは時間がかかるので、気になる商品やメーカーを数社に絞って見に行くと賢明でしょう。

 

 

Q5.行く前に準備しておくことはありますか?

A.予約をしておくとスムーズです。

ショールームは自由に見ることはできますが、予約しておくとスタッフが詳しく説明してくれます。リフォーム会社が決まっている場合は、その担当者に連れて行ってもらうこともできます。また、事前にカタログでお目当ての商品をチェックしておくと効率が良いでしょう。

 

Q6.持って行った方が良いものはありますか?

A.リフォームプランの図面があると良いでしょう

すでにリフォーム会社に依頼している場合に限りますが、リフォームプランの図面を持参しておくとキッチンやお風呂、洗面化粧台などのサイズを検討しやすいです。

————————————————–

リフォームQ&A一覧▼

【リフォームQ&A①】依頼をする前に考えること編
【リフォームQ&A②】自分にピッタリな会社の探し方編
【リフォームQ&A③】プランの作り方編Ⅰ
【リフォームQ&A④】プランの作り方編Ⅱ|現場調査
【リフォームQ&A⑤】プランの作り方編Ⅲ|どう見るの?
【リフォームQ&A⑥】ショールーム活用編|事前準備
【リフォームQ&A⑦】ショールーム活用編Ⅱ|内覧
【リフォームQ&A⑧】リフォーム費用編Ⅰ|事前準備
【リフォームQ&A⑨】リフォーム費用編Ⅱ|見積り
【リフォームQ&A⑩】契約編
【リフォームQ&A⑪】工事が始まるまで編|事前準備
【リフォームQ&A⑫】工事がスタートしてから編
【リフォームQ&A⑬】工事完成編

一覧にもどる