はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例471掲載矢印

リフォームの相談窓口広島リフォームカウンター

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

リフォームとリノベーションの違い

編集部でもよく話題になるのが、リフォームとリノベーションの違いです。明確な線引きがあるのか考えてみましょう。

Wikipediaが記すリフォームとリノベーションの違い

まず、Wikipediaでは次のように紹介されています(2019年7月17日現在)。

————————————————————————————————————————-
リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。

英語ではどちらも「renovation」であり、reformは住宅の改修という意味では使われない。
————————————————————————————————————————-

いかがでしょうか?性能を向上させ、大規模の工事をリノベーションと定義しています。

しかし、広島リフォーム編集部で取材をしているリフォーム物件は、間取り変更を伴い、耐震補強や断熱が施され、設備機器の機能性も格段にUP。性能も向上した大規模リフォームばかりです。

事例はこちらよりご覧ください。

つまり、リフォームもリノベーションも違いがないと言えます。

また、リノベーションの定義に「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」とありますが、厳密にはこれをコンバージョンといいます。「用途を変更する」という意味で、例えば事務所だった場所あるいは、納屋だった場所を居住空間にすることを指します。

リノベーション推進協議会の定義

リノベーション推進協議会という団体があります。リノベーションの普及を目的に、2009年に設立され、当初はリノベーションのことを付加価値のついた改修工事としていました。付加価値という言葉は曖昧で、人によって基準が異なるので私は分かりづらいと思っていました。

しかし、最近では(2019年7月現在)リノベーションの定義が、「中古住宅を現代のライフスタイルに合った住まいによみがえらせること」となっていました。

中古住宅とは、過去に人が居住したことのある家で不動産仲介で取引されるもので、これから購入しようとする住宅です。

これはイメージが分かりやすいですね。

つまり、
〇今住んでいる家を改修すること➡リフォーム、
〇これから住む中古住宅あるいは空き家を改修する場合➡リノベーション
と定義できます。

人によってはリノベーションという言葉がおしゃれに聞こえるから使っているというケースもありますが、明確な定義というのもないため、それで良いものと思います。どちらも改修工事であることには変わりはありませんから。

そのため、広島リフォーム編集部では、リフォームもリノベーションも基本的には同じというスタンスで取り扱っています。

当サイトでは広島のリフォーム・リノベーション事例を数多く掲載していますので、是非参考にして下さい。

事例はこちらから。

リノベーションをしたい人へ

中古住宅をリノベーションしたいと考えている場合、物件の状態を事前に把握し、希望するリノベーションができるかを施工会社に判断してもらった上で、中古住宅を購入するべきかを決めるのが良いと思います。

良い中古住宅が見つかった場合に、実はじっくりと悩む時間はありません。仲介する不動産会社から「他にも検討している人がいて、売れてしまう可能性がある」と購入の判断を迫られるからです。猶予期間は長くても1週間程度と言われています。この間に結論を出す必要があるので、希望する工事ができるかを施工会社に現地を見てもらい、意見を聞く必要があります。こうなると、事前に施工会社をピックアップしておく必要があります。

施工会社の特徴を把握した編集部が運営する「リフォーム相談カウンター」では、どのようなリノベーション工事をしたいかご相談頂ければ、適切な会社を紹介できます。

中古リノベーションを成功させるには、良い中古住宅とだけでなく、良い施工会社との出会いが重要です。

————————————————————————————————————————-

【リフォーム相談カウンターのご利用はこちらから】

相談予約ページ
ご希望の日にちをクリックして、空いている時間でご予約下さい。

電話予約
TEL:082-504-8324

相談カウンターの申し込み相談カウンターの申し込み

人気のコラムはこちら