HIROSHIMA REFORMとは?

リフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」編集部が運営するこれからリフォームする方のためのサイト

リフォーム実例330掲載矢印

資料請求

イギリスアンティークが空間を彩る築50年の家

家族構成
2世帯3人暮らし
施工会社
住友不動産(株)新築そっくりさん 広島事業所
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
BEFORE

目をみはるような吹抜けが心地よい広々とした21帖のLDK、開放的な大空間を見おろす2階のプレイコーナー。間取りを大幅に変更する大規模な施工により、以前の和室中心のつくりからは想像できない、新築のような住まいが誕生しました。

リフォームのきっかけは、ちょっとした段差につまずいてしまうお母さまへの配慮と、ご夫婦の将来も考えて寝室を1階に検討したことでした。

「内装や間取りの希望は持たれていても、今の家をどうすればいいのか迷っておられました。そこで現状の設計図を新たに起こし、その上に要望や可能な工事を落としこんでいきました」とリフォーム会社の担当者。ご主人は段差の解消、離れとのつながり、趣味で集めたアンティークを飾る場所、薪ストーブ。奥さまはキッチンを中心に家事動線をスムーズに。収納は隠すことを重視したクローズドなタイプを希望しました。それらをかなえるプランとしてリフォーム会社の担当者が提案したのが、吹抜けのある大空間。ご主人の趣味のアンティークに合うモノトーンでまとめました。

「書斎コーナーの、カウンターと本棚だけでスペースを独立させるアイデアには感心しました」とご主人。離れをつなぐ渡り廊下は、軒高を合わせる難しい工事だったそうですが、高い施工技術がご主人の希望をかなえました。

「プレイコーナーが一番好きな場所です。1階のオーディオから流れる音楽が、床や天井の木に反響して、以前より音響が良くなりました」と奥さま。

アンティークが並ぶ個性的なギャラリーのような空間は、家具を置く場所、飾り棚の位置を設計段階から決めて、壁の下地も補強。ステンドグラスは光の通る照明効果まで考えて担当者が検討し配置したそうです。

「プライベートカフェが夢でした」とご主人。訪れる人をもてなしたり、ご夫婦でゆったりくつろいだり。これからの豊かな暮らしを楽しみにされています。