はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例482掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

【広島市】今の生活スタイルに合わせた、理想の暮らしを無駄なく実現

家族構成
1世帯3人暮らし
施工会社
コープハウジングひろしま(株)
築年数
29年
施主の年齢
ご主人60代、奥さま50代、息子さん20代リフォーム
カテゴリー
自宅リフォーム
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
以前はLDから遮断されていたキッチンをオープンなⅡ型に。オーダーで理想の形に設えたコレクション棚を設置。
テーブルの上の散らかり対策に、コレクション棚の下にぴったり収まるサイズのワーキングデスクを設置。
内窓で断熱・防音効果をUP。
家族数人で立ってもゆとりのあるキッチン。メンテナンスしやすいキッチンパネルをコーナー壁に広く貼りました。
こだわったステンレス製のシンク。流しから壁までの幅は、購入した水切りカゴに合わせて決定。
カップボードの裏は配線のため壁を少し前に出し、冷蔵庫の入るスペースはそのままに、キッチンと冷蔵庫の面をきれいにそろえました。
収納は上下で使いやすさを考え、それぞれ別メーカーを選択。壁の間のタイル調のクッションフロアは奥様がDIYで貼ったもの。
玄関側の洋室2。隣接していた和室を洋室に変更すると共に、2部屋の広さを統一するため壁の位置を調節。
コープハウジングの提案で採用した洋室1の収納扉。引き戸としても、大きく開く折れ戸としても使える優れもの。
洋室の扉は床材のイメージに合うものに統一。廊下両側の壁は、手すりが取りつけられるように補強しています。
洗面台の周りの壁はメンテナンスが楽なキッチンパネルで囲み、洗濯機横のパイプスペースには可動棚を設置。
トイレの扉は大きく開く、中折れ式のスライドドアを採用。
以前のものより大きめの浴槽に変更したいと切望していたお風呂は、サイズオーダーで足を伸ばしての入浴が可能になりました。
小窓が開いているだけだったキッチンは閉塞感があり、使いづらいと感じていました。