HIROSHIMA REFORM編集部とは?

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島リフォーム編集部が取材を通じて感じた
「リフォームに大切なコト」を紹介するサイトです。
リフォーム実例413掲載矢印

リフォームの相談窓口広島リフォームカウンター

思い出の風景を残す築約60年の実家リフォーム

家族構成
1世帯2人暮らし
施工会社
山根木材リモデリング(株)
築年数
62年
施主の年齢
60代リフォーム
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
4間続きだった和室はひとつだけ残し、他の柱や梁を残してフローリングに。欄間は以前のまま残されています。
天井は杉板はそのまま活かして竿縁を塗り替えて。すりガラス入りの雪見障子は今では貴重は存在。
LDに隣接する対面タイプに変更したキッチン。
お祖母さまとお母さまが大切にされてきた茶室。畳、襖、壁を一新。
茶室横の水屋は床と壁を修復。今後、棚や竹すのこを入れて整える予定。
床の高さが低くなったため、ツーステップで出入りできるようになりました。
20㎝下げたためむき出しになった柱下部は化粧板で覆って不自然に見えない加工を。
和室との段差は、ちょっと腰掛けることもできる小上がりのような仕上がり。
ハシゴを下ろすと小屋裏収納への出入り口。
茶室を含めて和室が5室。冠婚葬祭をする機会もなくなり、使われていない部屋も多くありました。
以前のキッチンは、一番奥まった部屋にあり、独立したタイプでした。