HIROSHIMA REFORMとは?

リフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」編集部が運営するこれからリフォームする方のためのサイト

リフォーム実例330掲載矢印

資料請求

自然素材と薪ストーブが心地よい住まい

家族構成
2世帯4人暮らし
施工会社
(株)ハートフルハウス
築年数
約50年
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
薪ストーブをはさんでリビングとダイニングが独立するような演出に。熱効率も良いです。
床はタモの無垢材。木目調のキッチンと薪ストーブが引き立てあいます。
キッチンの床はタイルですが、電気式の床暖房を設置し、足元から温まります。
薪ストーブの床には天然石を採用。背面はストーブの熱が逃げるように通気口を設けています。
キッチンの床とリビングの床は異なる素材を使用していますが、段差はありません。
和室の欄間は以前のまま。古民家らしい職人技術を新しい家にもしのばせています。
窓がなく暗かった廊下スペースにトップライトを設け、明るさを確保しました。
洋室のウォークインクローゼットの内部にはデザインクロスで遊び心を取り入れました。
広くて開放的な玄関は段差に沿った手すりを設置しました。
以前は壁向きの薄暗いキッチンで足元が冷えるのも不満でした。

床は木目が美しい無垢のタモ材に自然塗装。調質効果のあるスペイン漆喰の壁。天井は紙に木片を漉きこんだウッドチップクロス。自然素材で囲まれたLDKの中心にはご主人の希望だった薪ストーブがあります。

 

最初は自然素材に関心がなかったご主人ですが、壁や床に自然素材が使われているハートフルハウスのショールームで実験や説明を聞くうち、その機能性と役割に共感し取り入れることにしたとか。

「ハートフルハウスの山本さんと最初にLDKの位置を決め、細かなプランはパズルのように楽しくはめ込みながら提案してもらいました」とご主人。広さの確保や風通し、動線まで考えて現在の間取りに落ち着きました。以前和室にあった構造柱と鴨居もデザインとして活かされた大満足のリフォームとなりました。

 

主な内部仕上げ

【リビング床】タモ無垢フローリング(塗料:リボス社カルデット)

【リビング壁】レビスタンプ(スペイン漆喰)

【リビング天井】オガファーザー(塗料:リボス社デュブロン)

【キッチン】ラクシーナ(Panasonic)

【キッチン床暖房】300角タイル+電気式床暖房(アルシステム社プリマヴェーラ)

【薪ストーブ】AGNI-CC(岡本)

【玄関扉】PGシリーズ 木屋町(LIXIL)