HIROSHIMA REFORM編集部とは?

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島リフォーム編集部が取材を通じて感じた
「リフォームに大切なコト」を紹介するサイトです。
リフォーム実例415掲載矢印

リフォームの相談窓口広島リフォームカウンター

夏の暑さ、バリアフリー、ヒートショック、収納の悩みをスケルトンリフォームで安心快適な住まいに

家族構成
1人
施工会社
(株)ハートフルハウス
築年数
35年
施主の年齢
60代リフォーム
カテゴリー
自宅リフォーム
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
省スペース化を図るため、ベッドの足元は造作カウンターの下に。高さが調整できるフリーフロアでバリアフリーとマンション規定の遮音性能を確保。
元々2DKだった間取りをLDKに変更。掃除しやすく、室温も一定に保てます。
なるべく家具は置かず、造作の収納を計画的に配置。趣味を集中してできるワークデスク(写真左手)も造作です。
すべての衣類が収まる大容量のクローゼットで、季節ごとの入れ替えも必要ありません。
暑さ対策に、インナーサッシや断熱材、室外機の日除けや断熱効果の高いハニカムスクリーン(写真)などを採用。結露の対策としても有効です。
強く美しいステンレスのキッチン。収納も豊富で、お手入れのしやすさも◎。
冷蔵庫がぴったり収まるように設計。空気の流れをつくりだす換気口を設置(写真右下)。
キッチンには使い勝手のよいワークカウンターを造作。冷蔵庫の背面(写真左手)には、掃除機などが入る収納を設け、限りあるスペースを有効活用しています。
納戸にも内窓を設けて結露を防止。除湿機を使って洗濯物を干すスペースとしても活用できます。
洗面脱衣室とトイレをひとつの空間に。扉を開けておけば、LDKとの温度差がなくなり、ヒートショック対策にも。
玄関とホールは光りを取り込む工夫として、納戸との間仕切り壁にFIX窓を設けたほか、扉をスリット入りにしました。
ダイニングキッチンに二間続きの和室がある間取りは、使い勝手がよくありませんでした。