HIROSHIMA REFORMとは?

リフォーム雑誌「HIROSHIMA REFORM」編集部が運営するこれからリフォームする方のためのサイト

リフォーム実例330掲載矢印

資料請求

力強い梁組みの家を住み継ぐ

家族構成
1世帯4人暮らし
施工会社
(有)道建設
築年数
100年
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
丸太梁の存在感と開放感が印象的なLDK
現代美術のようなモダンな襖が空間のアクセントに。
床は木目の表情の変化が特徴的なアカシアの無垢材。テレビボードは造作したもの。
LDにいる家族の様子もわかる見通しの良いキッチン。
造作したキッチン背面のキャビネット。使いやすさを考えて寸法もキッチンのキャビネットに合わせています。
梁を活かした洗面脱衣室。洗面台壁面に貼られた名古屋モザイク工業の青いタイルがアクセントになっています。
クギ、ネジを使用しない木組みの技法。伝統的な技法も活かしながら再生されました。
道建設が現地調査をした際にこの美しい梁組の存在が明らかになり、吹き抜けを設けるプランが決定しました。
築100年の古民家は、和室が田の字に並ぶ等、使いづらい間取りでした。

築100年以上の古民家の大規模改修になるため、最初は大手ハウスメーカーに依頼したというHさま夫妻。ところが間取りや仕上げ方法のプランニングが希望とはかけ離れていたため、インターネットで見つけた道建設に相談してみたのだそうです。同社と打ち合わせを進める中で、ご主人は同社の家づくりのプロとしての姿勢に好感を抱いたといいます。「要望をそのまま形にするのではなく、合わなければきっちり否定し、代案も含めてプロとしてのアドバイスや提案をくれました」このことから信頼を深め、依頼を決断されたそうです。またご主人は、同社とのやりとりを通じて、それまでほとんど知ることのなかった日本建築の素晴らしさにも気づくことができ、その点も嬉しい出来事だったと振り返ります。完成した住まいの出来栄えは「期待以上」。100年という歴史を持つ建物を建て替えてしまうのではなく、リフォームにしてよかったと実感されました。

 

■主な内部仕上げ

<LDK床>無垢フローリング材・アカシア<リビング天井>既存竿縁天井<LDK襖>雲肌紙(花柳)<キッチン>TOTOクラッソ<キッチンタイル>名古屋モザイク工業コルメナ

■インテリア

<ダイニングテーブル・チェア>フジファニチャーKoti ウォールナット材