はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例482掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

blog

BLOG

イエスタVol.3 好評発売中!

2017.10.17

HIROSHIMA REFORMの別冊「イエスタVol.3」。今回はスケルトンリフォーム特集を巻頭で紹介しております。

 

スケルトンとは骨組みを指す言葉で、リフォームでは床・壁・天井などを解体して、柱のみが露わになった状態のことを指します。通常のリフォームでは、配管の位置が変えられないなど構造上の制約がありますが、スケルトンリフォームではそういった点に捉われず、間取りを大幅に変えることが可能です。

 

下の写真はマンションで居室空間を全て撤去した状態です。施工前の跡形もないですね。

スケルトンリフォームでは、一から暮らしを見直し、間取り・素材・配管などを再構築することが出来ます。

特に配管は古い建物になるほど、傷んでいることがあるので、リフォーム後も長く住むことを考えられている方にはおススメしたいです。

写真はキッチンの位置を変えるため、配管をやり替え、フリーフロアを設置した状態です。フリーフロアとは、高さ調節のできる床のことで、マンションの掃き出し窓の高さに合わせて床が組まれています。

 

詳しくは本誌の方でご覧ください。

 

 

ところで、イエスタでは読者プレゼントを受け付けております。ご存じでしょうか?

雑誌をご購入頂いた方がご応募できるようになっております。応募期間は11月30日までですので、お早目に書店でご購入頂き、ご応募ください。

 

――――――――――

広島でリフォーム会社をお探しの方!

あなたにピッタリのリフォーム会社をご紹介します!