はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例471掲載矢印

リフォームの相談窓口広島リフォームカウンター

blog

BLOG

作業効率の良い、壁付けホーローキッチン

2018.10.22

リフォームの取材で、よく対面キッチンにしたかったというお話を伺います。

 

理由を聞くと、リビングで楽しそうに喋っている子供たちやご主人の様子を見て孤立をしているように感じたとか、テレビを見ながら作業をしたいというご要望が多いようです。

 

キッチン空間だけ仕切られていて、暗く、寒いと感じられる方も多く、マンションの場合だと、逆にキッチン空間が仕切られていることで暑いという場合もあるようです。

 

そういった点から対面キッチンのリフォーム現場をよく見るようになっていますが、今回ご紹介するのは、壁に向いた壁付けキッチンを採用されたお宅です。

 

 

このキッチン、よく見ると壁にはいろんなマグネットが付いています。

 

壁がホーローのため、マグネットなどを貼ることができるのです。

 

マグネットがあると、例えば料理のレシピを壁に貼ったり、調理用のスプーンやお玉なども壁に掛けることができるので作業効率がとても良くなります。

 

(※写真はタカラスタンダードのショールームより)

しかも、ホーローは汚れにも強く、さっと拭き取ることができるので、きれいな状態を保つこともできます。

 

下の写真はショールームで、油性マジックで書いた後に水をかけてタオルでふき取っている様子です。

 

 

こう考えると、壁付けのホーローキッチンは使い勝手が良いように思いますね。壁付けキッチンの孤独感は、レイアウト(間取り)を工夫することで、解決できるかも知れないので、リフォーム会社と相談をしてみるのが良いと思います。

 

キッチンはいろんな可能性がある空間だと言えますね。しっかり考えたいものです。

 

なお、この物件を施工したのはオールハウスです。物件の詳細はこちらからご覧頂けます。