はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例437掲載矢印

リフォームの相談窓口広島リフォームカウンター

リフォームお役立ちコラム

COLUMN

ハウスメーカーと工務店のリフォームは何が違うの?

リフォーム会社と言っても、いくつかのカテゴリーに分かれており、それぞれ特徴があるのをご存知でしょうか?

大きく7つのカテゴリーに分かれています。

1、大手ハウスメーカー系のリフォーム会社
2、ビルダー系のリフォーム会社
3、工務店
4、リフォーム専門店
5、家電量販店の場合
6、ホームセンター
7、不動産会社

リフォーム会社はどれも同じと思っている方も、このようなカテゴリーに分かれているということを理解した上で会社選びをすると、自分に合うリフォームが見つかるものと思います。

今回は、①大手ハウスメーカー系のリフォーム会社②ビルダー系リフォーム会社③工務店についてご説明いたします。

① 大手ハウスメーカー系のリフォーム会社

積水ハウスや大和ハウスといった名前をよく耳にする事でしょう。これらの会社のグループのリフォーム会社のことですね。
一般的に大手ハウスメーカーは数多くの新築工事を行なっており、それに伴い数多くのOB顧客を抱えております。グループのリフォーム会社はOBのお客様のリフォームを中心に仕事をしています。

グループでしっかりと顧客の管理ができているので、築年数に応じたリフォームの提案を行い、工事の受注をしています。
数多くの施工実績から、施工体制や施工品質を統一しているのも大手ハウスメーカーならでは。もちろん、OBだけでなく、他社で建てた住宅のリフォームの工事も行っています。

メリット・・・ やはり会社の規模による安心感ですね。組織がしっかりと構築されているので、施工品質やアフターの体制なども整っていると言えます。資料などもお客様に分かりやすく準備されている点も魅力だと思います。

デメリット・・・ 組織がしっかりと構築されている点が逆にデメリットになる場合があります。リフォーム後にクレームの起きない点を意識するので、無垢のフローリングや漆喰といった自然素材を使った提案は積極的には行わない傾向があるので、自然素材やDIYをやってみたいと思う方は向いていないかもしれません。
また、組織を構築するのはお客様へ安心を提供するためですが、その分人件費などのコストもかかります。そのため、少人数の工務店と比較して、リフォーム費用が高くなるという点は否めません。

② ビルダー系のリフォーム会社

そもそも、ビルダーという言葉を聞いたことがありますか?建築業界では、地域ビルダーという言い方をしますが、一般的に広島県内といった地域に根差して新築を年間で20棟以上建てる会社のことを、地域ビルダーと言います。組織体制がしっかり構築され、工務店よりも規模が大きい会社のことを指します。

ビルダー系のリフォーム会社も自社のOB客のリフォームを中心に展開していましたが、近年ではOB以外のお客様対応も積極的に行っています。

ハウスメーカーやビルダーは会社の規模が大きいので、営業担当と工事現場の責任者が別れている傾向があります。工事中に相談をするのは、営業か現場監督かはしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

ところで、ハウスメーカーとビルダーは全国展開か地域での展開かによる規模の違いだけではなく、工法に大きな違いがあります。
ハウスメーカーは、工場でメークする(家を作る)の意味でプレハブ工法(※1)。ビルダーはビルド(家を建てる)の意味で木造軸組工法(※2)と工法が異なることを頭に入れておきましょう。

メリット・・・木造住宅を数多く建ててきた実績から、間取り変更などのプラン力に強みがあります。また、組織も営業・設計・現場監督と分かれた組織体制が構築されています。スタッフの数が多いだけでなく、社内での研修などにも力を入れる傾向があり、提案力や対応面で他社との差別化を図ろうとする傾向があります。

デメリット・・・これは大手ハウスメーカーもそうですが、営業と現場監督が分かれていると、打ち合わせで営業には伝えたけれど、現場監督にうまく伝わっていないということが起こり得ます。こうならないための対応策を事前に確認しておいた方が良いでしょう。
また、ビルダーといってもリフォームに早くから取り組んできた会社とそうでない会社とにも分かれますので、会社に対してリフォームの実績を確認することも大切です。

③ 工務店

こちらは、地域に密着して事業を展開し、新築の年間棟数が20棟以下の会社のことを指します。ビルダーは広島県内といった広い地域を指しますが、工務店の場合は広島市や廿日市市といったより狭い地域に密着しています。
これは、自社で建てたお客様のアフターフォローを徹底して行うという家守という考え方がベースにあります。
そのため、リフォームは自社のOBを中心に行う傾向が強いです。また、工務店は木造構法で家を建ててきた経験から、間取り変更を伴うリフォームに強みがあります。

なお、工務店といっても、元請と下請けの会社で分かれています。
元請というのはお客様と直接契約、下請けはハウスメーカーやビルダーの下で工事を行うのでお客様と直接契約をしません。

元請の工務店はお客様の対応もしっかりしていますが、下請けの工務店はハウスメーカーやビルダーからの指示のもと工事を行うのが通常の仕事形態なので、お客様と直接商談をして、工事内容を決めていくという流れには慣れていません。そのため、工務店に依頼をする際は、元請けの工務店に依頼することを意識しましょう。

メリット・・・木造住宅を数多く建ててきた実績から、大工が活躍する間取り変更などのプラン力に強みがあります。このほか、地域に根ざした事業展開をしているので、小回りが利くという点は工務店の魅力ではないでしょうか。

デメリット・・・工務店はトイレやシステムバス(お風呂)の交換といった設備機器の交換を行う際には、リフォーム専門店のように大量に仕入れて価格を安くするということをしないので、価格が高くなる傾向があります。

 

まとめ

以上、ハウスメーカー、ビルダーと工務店の違いについて説明を行いました。
広島リフォーム編集部が紹介している会社でカテゴリー分けをすると

大手ハウスメーカー:新築そっくりさん

ビルダー:山根木材リモデリングリフォームウィズ

工務店:橋本建設吉村建設ホームクリエたくみ

になります。各社の特徴を見て、自分にあう会社を探してみましょう。

※1:プレハブ工法とは、建築部材を工場で生産することで一定した品質を保ち、建築現場で組み立てるやり方。ただ、建築部材はハウスメーカーごとに独自のものなので、家を建てた後の修理はハウスメーカーに依頼する形となる。

※2:木造軸組構法とは日本に伝わる伝統的な構法で、柱や梁、筋交いといった木材の組み合わせで建物を支える構法。リフォームでも自由度の高い構法と言える。一昔前までは大工の職人技術によって建物の品質が左右される傾向があったが、最近では木材が工場で加工された状態で建築現場に支給されるようになり(プレカット)、個人の技量による建物の品質の差は解消されている。