任せて安心なリフォーム会社をご紹介

任せて安心なリフォーム会社をご紹介

counter_blog

COUNTER BLOG

【マンション】でキッチンの位置を変えたい。 オススメのリフォーム会社は?

2021.10.29 (更新: 2021.11.26)

みなさん、こんにちは。広島リフォーム相談カウンターの平原です。

マンション住まいの方で、「キッチンの位置を変えたい」と当カウンターに相談に来られる方が増えています。

・対面キッチンにしたい
・壁向きではなく、外の景色を眺めて料理がしたい
・向きを変えて、使い勝手の良い動線にしたい
・もっと広くしたい

などの理由からキッチンの位置を変えたいと希望されているようです。

戸建てと違い、マンションリフォームは集合住宅という特性上、管理規約や構造などから様々な制約があるため、注意が必要です
そこで、今回はマンションのキッチンリフォームの注意点やリフォームのポイントを解説し、最後にリフォーム会社選びのコツをご紹介します。

 

キッチンが移動できるかどうかは、
排水管の位置がポイント

キッチンの位置を変えるリフォームが可能かどうかは、マンションの構造、主に配管の位置によります。

水回りの配置変更には、壁や床の中にある排水管や排煙ダクト(通風管)を延ばす措置が必要です。
自分の部屋の床下(専有部分)に配管が通っていればリフォームは可能ですが、もしも下の階の住人の専有部分に当たる天井裏に配管が通っているような場合には、配管工事はできません。


▷自宅の住戸の床下空間にゆとりがある場合は、配管の位置を変えることは可能。


▷排水管が階下の住戸の天井裏にある場合は、配管の位置を変えることはできない。

また、排水管の中には水が通るのですから、水の流れを作るためにある程度の傾斜も必要です。
床下に傾斜を作るだけのスペース(高さ)があるかどうかも重要なポイントとなります。

十分な傾斜をつくる高さが無い場合には、床を上げるなどの工夫が必要ですが、そのせいで部屋の中に不自然な段差が出来てしまう場合もあります。
リフォームプランを考える前に、マンションの構造をあらかじめ確認してもらいましょう。

排水管の位置が動かせないときは
レイアウト変更で対応も

もしも排水管の位置が動かせないと分かった場合でも、諦めることはありません。
経験豊富なリフォーム会社であれば、レイアウトを変更することで希望するキッチン空間をかなえることも可能です。

上記は、昔ながらの壁付けキッチンを、対面キッチンに変更したリフォーム事例です。
構造上の問題からキッチンの位置が変えられなかったため、キッチン前の壁を取り払うことで対面キッチンを実現。隣の洋間や廊下も取り込んで広々としたLDKを実現するなど、キッチン回りの間取りを大胆に変更することで、魅力的な空間に生まれ変わらせることができました。


▷キッチンの位置はそのままなので、排水管の位置も変更なし。キッチンの床と廊下に段差がある箇所に、排水管がある。

キッチンの位置が動かせなくても、間取りのプランニング次第で要望に見合うような提案ができる場合もあります。諦める前に、ぜひリフォーム会社に相談してください。

マンションリフォームは、実績豊富な会社に依頼しよう

集合住宅であるマンションリフォームでは、まず最初に管理組合の許可を取る必要があります。また、騒音による苦情が生じやすいため、近隣住戸への丁寧なあいさつや工程表の提示なども欠かすことができません。

さらに、資材の搬入時に廊下やエレベーターといった共用部を傷つけたり汚したりしないように、保護のための緩衝材や養生を行う必要があるなど、戸建て以上に注意すべき点が数多くあります。


▷床を傷つけないように養生をしている現場

マンション工事に不慣れな会社に依頼すると、思わぬトラブルを招いてしまう可能性もありますので、マンションリフォームの際は、適切な配慮が行える、マンション工事の実績が豊富な会社に依頼しましょう。

また、経験豊富な会社であれば、構造上の問題からキッチンの位置が変えられないといった場合でも、これまで培ったノウハウを駆使して、さまざまな提案で応えてくれるので安心です。

「マンションリフォームの実績が豊富な会社を紹介してほしい」
「会社選びのアドバイスが欲しい」
そんな時は、お気軽に「広島リフォーム相談カウンター」へご相談ください。
あなたにピッタリのリフォーム会社をご紹介します。

会社探しのプロがあなたにピッタリなリフォーム会社をご紹介!