任せて安心なリフォーム会社をご紹介

任せて安心なリフォーム会社をご紹介

広島リフォーム
相談事例ブログ

COUNTER BLOG

【新築マンション】LDKと洋室の一体化&トイレをホテルのような空間にしたい。

2022.4.10 (更新: 2022.5.18)

今回は、一人暮らしのために新築マンションのリフォームを検討している方の相談事例をご紹介します。

ご相談者様

県外から広島に転居するために新築マンションを購入したのですが、内装が単調過ぎて面白みがないので、自分の好みを反映したおしゃれな空間にグレードアップしたいと思っています。

【DATA】広島市 Mさま(女性・40代)
●工事希望時期/2~3か月後
●予算/100万円前後
●建物の状況/新築・マンション

 

ご相談の内容

  • 〇リビング横にある洋室の間仕切りを取り払い、LDKと一体化したい
  • 〇リビングや洋室の壁の一面をグレーにしたい
  • 〇トイレをホテルのようなオシャレな空間にしたい

 

購入した新築マンションのLDKが思ったより狭いので、隣接する洋室との間仕切りや壁を取り払ってLDKと一体化したいと思っています。どのくらいの予算になるのか心配です。
編集長ミッツ
編集長ミッツ
LDKの一体化は、リフォーム後の完成度をどこまで求めるか、またマンションの構造やそれに応じた工法によって費用が変わります。

【部屋の一体化について】
LDKと洋室の間の壁や建具を撤去した場合、同時に撤去跡の床・壁・天井の補修が必要となります。補修工事をどこまで行うのか、つまりどこまでの完成度を求めるかによって工事の範囲が変わります。例えば、既存の壁紙や床材を活かしながら撤去した壁周辺のみの最低限の補修にとどめるのか、あるいはLDK・洋室含めすべての壁紙や床材を貼り換えて統一感のある仕上がりを目指すのかでは費用は大きく変わるでしょう。

「広島リフォーム」編集部では、複数のリフォーム会社へ取材し、さまざまなケースのリフォーム費用の目安を算出した一覧表を作成しています。
例えば、隣り合っている4.5帖の洋室2間の壁を取り壊して一体化させるリフォームの費用目安は10~30万円としています。部屋の広さや壁の幅などによって金額は変わるため一概には言えませんが、最低限の補修で済ませた場合の費用目安の一つとして考えておくと良いでしょう。

費用の目安については、こちらのコラムもぜひご参照ください。

また、マンションの床が基礎部分のコンクリートに直接張られている「直床」なのか、あるいはコンクリートの上に木を組みその上に張られている「二重床」なのかでも工事方法は変わります。マンション特有の構造上の制約もあるため、建物の状態や工事方法によって費用が変わることを理解しておきましょう。

 

費用の目安が分かって安心しました。
どこまでこだわるのか、予算と併せて考えてみようと思います。
編集長ミッツ
編集長ミッツ
そうですね。
その他、内装の要望はありますか?
リビングの壁紙が単調で見栄えがしないので、一部の壁面をシックなライトグレーに変更してオシャレな部屋にしてほしいと思っています。

【壁紙の変更について】
Mさまは希望するイメージをしっかり持っておられ、ネット検索で見つけた理想的な部屋の写真も見本としてお持ちくださいました。見せてくださったLDKのイメージ写真では、壁面の一部にエコカラットという壁材が使用されているようでした。

▲エコカラットのイメージ

最近では、部屋の壁面全てを同じ壁材にするのではなく、一部にだけエコカラットなどの異素材の壁材を用いたり、色の違うクロスを採用して空間のポイントにするアクセントクロスなどが人気です。
中でもエコカラットは、調湿・脱臭などの優れた機能性に加え、通常の壁紙とは一味違う立体感や素材感が魅力。質感やカラー、デザインのバリエーションが豊富なのも人気の秘密です。

エコカラットはとても魅力的な壁材ですが、価格が高いという難点も…。費用を抑えつつデザインも重視したい場合には、エコカラット風の雰囲気が出せるタイル・レンガ状のクロスなどもたくさんあるので、選択肢の一つとして考えておくのもいいですね。
壁材は部屋を占める割合も大きく、空間のイメージを決定づける大切な要素です。理想のイメージを実現するためには、インテリアを含めた空間デザインを得意とする会社を選びたいですね。

エコカラットについて詳しく教えていただき、かつ費用を抑える方法も分かったので良かったです。
編集長ミッツ
編集長ミッツ
壁材にはいろいろな選択肢がありますので、しっかり考えて決めてくださいね。

 

最後にひとつ。
トイレの手洗い部分が貧相な感じで好みに合いません。
ホテルのようなオシャレなトイレに変えるにはどうすればいいのでしょうか。
編集長ミッツ
編集長ミッツ
便器ごと取り換えて全体的なレイアウトを変更することも可能ですが、壁のクロスや床材、照明などを変えるだけで雰囲気を変えることもできますよ。

【トイレのリフォーム】
Mさま邸のトイレはタンクつきで、そのタンクを覆い隠す形で手洗いが設置されていました。一見タンクレストイレのようにスッキリしているのですが、手洗い部分がプラスチック製で造りが安っぽく見えると感じているそうです。
Mさまの好みはホテルのようなスタイリッシュな空間。限られた予算内でどこまでリフォームできるのかを悩んでいらっしゃいました。

まずMさまは「トイレに手洗いは不要なので撤去したい」とお考えでした。
そこで、現状のタンクつきトイレからタンクレストイレに交換する方法をアドバイスしました。
タンクつきトイレにはタンク上部に手洗いがついているものがほとんですが、タンクレストイレには手洗いがありません。見た目がすっきりとスタイリッシュ、何よりコンパクトで空間が広く使えるため、コーディネートの幅が広がります。

とはいえタンクレストイレに取り換えるには15万円以上の費用がかかります。
予算を抑えたい場合は、壁紙や床材、照明などによって空間デザインを施すというのも有効な方法です。
アクセントクロスを採用したり、床材・照明の種類などにこだわることで、ホテルのような高級感のあるトイレ空間を演出することができるでしょう。

▲トイレのリフォーム事例

さまざまなトイレリフォームの施工事例の写真をお見せしながら、クロスのデザインや床材の質感、配色、照明器具などのイメージを膨らませていきました。

クロスや床材を変えるだけでこんなにイメージが変わるなんて驚きました。
施工事例を見せてもらって、照明の使い方などもとても参考になりました。
編集長ミッツ
編集長ミッツ
それは良かったです。
便器の取り換えをするかどうかも含めて、検討してみてくださいね。

 

ご相談の結果

空間のデザインセンスが高く、かつマンションリフォームの実績も豊富なリフォーム会社をご紹介しました。

Mさまは希望する空間のイメージをハッキリとお持ちで、デザイン面をとても重視されていました。
リフォーム会社を選ぶ際に知っておいていただきたいのが、リフォーム会社はそれぞれ得意分野が違うということ。インテリアを含めた空間デザインを得意とし、お客さまの希望するイメージを形にできる会社は、実はそう多くはないのです。
そこで今回は、インテリアコーディネーターが在籍し、ハイセンスな空間デザインを得意とするリフォーム会社をご紹介しました。トイレのことなども気軽に相談しやすいよう女性担当者におつなぎしています。

また、Mさま邸は新築のマンションです。
マンションのリフォームには構造上の制約があったり、管理組合を含め近隣への配慮が必要となるなど、マンションならではの注意点がたくさんあります。
そういった面でも、今回ご紹介したリフォーム会社はマンションリフォーム実績が豊富な会社ですので、安心して任せられます。

 

お客さまアンケート

Q:リフォーム相談カウンターの満足度を教えて下さい
A:4点(5点満点中)

Q:相談はしやすかったですか?
A:5点(5点満点中)

Q:相談カウンターの平原はいかがでしたか?
A:リフォームの流れが分かった。リフォームの優先順位が明確になった。

Q:紹介を受けるリフォーム会社についてどう思いますか?
A:信頼できると思う

Q:リフォームする友人がいれば相談カウンターを紹介しようと思いますか?
A:紹介したいと思う


広島リフォーム相談カウンターでは、広島のリフォーム会社を熟知した編集長が、お客様のご要望を伺ったうえで、お客様にピッタリのリフォーム会社をご紹介しています。

編集長ミッツ
編集長ミッツ
当カウンターは、リフォーム会社ではありません。中立・公平な立場でご提案しております。
ご自身で複数のリフォーム会社に問い合わせる手間なども省け、また、リフォーム会社に相談しにくいことなども、遠慮なくご相談いただけます。
安心して、お気軽にご利用下さい。

会社探しのプロがあなたにピッタリなリフォーム会社をご紹介!