任せて安心なリフォーム会社をご紹介

任せて安心なリフォーム会社をご紹介

広島市|古き良き趣を残した古民家再生

家族構成
1世帯2人暮らし
築年数
123年
施主の年齢
70代リフォーム
カテゴリー
実家の住み継ぎリフォーム
写真をクリックすると、リフォームのポイントが紹介されます。
古民家の雰囲気を残しながら、家の顔として生まれ変わった玄関。
昔ながらの工法でつくり上げた三和土の土間と和の空間がお出迎え。
玄関の壁はすべて大津仕舞仕上げ。小窓は金魚すくいのポイを使い、月をイメージしたデザインに。
新しい木製の引き戸に合わせて玄関周りも一新。漆喰の壁と杉材で和の風情を演出。
LDKはできるだけ段差を解消。梁を現しにしたことで開放感がプラスされました。
床、壁、天井に使った杉材には柿渋を塗装しました。
施主さまが幼い頃に描いた壁の落書きを、特別な技法で切り取り残しました。
リビング天井の障子扉の照明は、大工のアイデアでワーロン紙とLEDライトで造作したもの。
洗面台はダイニングの一角に新設。隣には上着や荷物を片づけられるオープンな収納を設置。
トイレと脱衣室はバリアフリーにし、DKからも物置からも出入りできるようにしました。
浴室の位置は変えず、最新のユニットバスに変更。
DKとリビングの間には大きな段差がありました。
玄関は狭く、入ってすぐ部屋がありましたが使い道に困っていました。