はじめに

HIROSHIMA REFORM編集部が取材を通じて感じた
「リフォームで大切なコト」を紹介するサイトです。

広島のリフォーム雑誌編集部が会社選びをサポート!
リフォーム事例499掲載矢印

リフォームの相談窓口 広島リフォームカウンター

リフォーム成功ガイド

スケジュールに余裕を持てると有利

リフォームの見積り提出は意外に時間がかかる!?

リフォーム会社に見積りを依頼する際に、どの程度の時間がかかるのかを知っておくとスケジュールが立てやすくなります。ここでは、お風呂やキッチン等の設備交換のみのリフォームの場合と、間取り変更を伴う場合とでスケジュールに違いがある点をご紹介します。

目次

設備を交換するだけのリフォームの場合

リフォーム会社が見積りを作成する流れをご紹介します。まずはリフォーム会社にリフォームを予定している旨を電話か、会社を訪問して伝えます。その後、リフォーム会社の担当がお客様のご自宅(orリフォームする建物)を訪問し、詳しいヒアリングと建物の調査を行います(これを現地調査と言います)。

現地調査を行った後、リフォーム会社の担当はお客様の要望を考慮してプランを作成、その後見積りの作成を行うというのが通常の流れとなります。

例えばお風呂のリフォームのみという場合でも、現地調査をした結果、配管(給排水)や家の構造との兼ね合いやお客様の要望を考慮して、「どのメーカーのお風呂を提案しようか」、「お客様の希望に合う機能で提案できるものはないか」、といった内容を考えるのがプランの作成です。この後、取引先の問屋やメーカーに仕入れ値の確認を行い、その後、会社の必要経費を計上して見積りが完成する、という流れになります。

この場合の見積り作成には一般的には、約1週間程度かかります。

間取り変更を伴うリフォームの場合

一方、間取り変更を伴うリフォームの場合では、現地調査を行った後、まずは間取りを考える作業を行います。「この壁は壊せるので、リビングをここまで広げてご家族が快適に団らんできるようにしよう」「この扉は開き戸より、引き戸にして使い勝手を良くしよう」といった形で、お客様のご要望や使い勝手、ライフスタイルなどを考慮してプランを考えます。

そのプランを一旦お客様に提示し、その内容でよければ見積りの作業に入ります。プラン作成にかかる日数は担当する人によって変わるので一概には言い難いのですが、取材の経験からプラン作成には2週間前後かかることが多いと思われます。

プランにお客様が納得された後に見積りを作成します。間取り変更の場合は、設備交換の場合より、見積り作成に少し時間がかかります。こちらも2週間前後が目安と思われます。

しかし、他の案件が多数重なっている時期等、すぐにプランや見積りの作業に取り掛かれない場合もあります。あるいは、間取り変更の場合に多いのが、設計力が足りない会社ほど、プラン作成に時間がかかるというケースです。設計経験が少ないため、プランを作成するのが社内でも後回しになり、設備機器の単純交換などの得意分野の仕事を優先してしまうということです。

設計力のある会社かどうかの見極めは難しいので、広島リフォーム編集部で紹介している会社を参考にするのが良いでしょう。規模の大小はありますが、様々な構造に対する経験は豊富なので、安心してご相談ができます。

なお、紹介しているリフォーム会社の中で、どこに依頼して良いか分からないという方は、広島リフォーム相談カウンター(無料)までご相談下さい。

⇒広島リフォーム相談カウンター

 

NEXT:相見積りの正しい取り方